ルート=タカヒラ協定

ルート=タカヒラ協定は、1908年11月30日にエリフ・ルート米国務長官と高平小五郎男爵日本大使によって締結された協定である。 これは、太平洋での商業の発展、開放政策と中国の独立と完全性を守るための彼らの意図、太平洋におけるお互いの領土所有物を尊重するための彼らの決意、そしてこれらの原則が脅かされた場合、お互いに通信する意欲を宣言しました。 (1907年にこのような取り決めのための以前の提案は、日本政府によって否定されていたが、桂伯爵が日本の首相になったときに提案が更新された。)この提案は、日本の移民に関する紛争、カリフォルニア州における反日措置、アメリカ艦隊の太平洋横断航海によって刺激された両国間の戦争が差し迫っているという広く信じられている信念を静めるのに役立つとして、米国によって歓迎された。 この合意はヨーロッパの首都で熱狂的に受け入れられたが、中国における日本の地位を強化することを恐れていた中国人を喜ばせなかった。 この協定により、アメリカは満州における日本の優位性を認識し、その見返りに日本はアメリカのフィリピンの植民地支配を認めた。

参考文献

Esthus,Raymond A.Theodore Roosevelt and Japan. ワシントン大学出版局、1966年。

レオポルド、リチャードW.Elihuルートと保守的な伝統。 ボストン:リトル、ブラウン、1954。

フィリップ-C-ジェサップ/a.g.

も参照のこと。移民制限。日本との関係。外国との条約。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。